読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

マスヤと下諏訪と人。②

旅行・ゲストハウス 諏訪

さて、無事マスヤに着いて部屋に荷物を置きました。ここは女性6人部屋なので2段ベッドが3つ。到着順に好きなところ使っていいですよーというシステム。既に一人の方が使われている様子でした。

上は気を遣うのでやっぱり下段。場所を決めて温泉に行こうかな~と思っていたところで、先に入っていた女性が部屋に戻ってきました。旅慣れた感じの素敵な方!こんばんは~とお互い挨拶。おお、話しやすそうな人だ、よかった。。。今まで泊まったゲストハウスはもっとドライな感じで、同じ部屋の人とも特に交流は無かったので(完全なる宿泊目的なのでいいんですが。)、お、やっぱりなんかここは違う!と思いました。

そしたらその方(後にサンドニさんと判明)がなんと「今から温泉に行って、温泉から花火を見ようと思うんですよ~」と。

な、なに!?

私の目的、温泉!花火!交流!今!ここに!えええー

是非一緒に!!お願いしますっっ!!!

(サンドニさん)「行きましょう~」

と、こんな流れで会ったばかりの方と一緒に温泉へ行くことに!(会話の流れはだいたいです。)

(サンドニさん)「もう一人男性がいるんですけど」

ん?男性?も、もしや・・・・

と言われて下へ。

さっきの共有スペースで待っていた男性にごあいさつ。

(サンドニさん)「私たちブログ仲間で~」

あーこれはたぶん、たぶん、間違いない・・・・

(わたし)「あの~お名前は」

(A1理論さん)「〇〇です」

(わたし)「あの~なんていうブログを・・・」

(A1理論さん)「A1理論は、、、」

(わたし)「わたしっ!あなたのブログを読んでここに来ました!!!!」

(お二人)「おおおー!!!」

(勢いあまって目上の方にあなたと言ってしまったことを大変後悔しております。失礼いたしました。)

という感じで素敵な下諏訪のひとときが始まったのでした。

いや~、A1理論さんイメージと違いました。もっと厳しいというか固いというか、そんなイメージがあったのですが、物凄く優しそう。そして実際優しい。面白い。楽しい。

そしてサンドニさんもとっても素敵な方でした。あーこういう、他人に気を遣える女性になりたいよなーと思います。

これから温泉に行くんですが、全然話が進みませんね。出勤時間が迫ってきたので続きはまた。

再就職