読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

仕事終わったら下諏訪へ行こう③

諏訪 生き方・日常・社会問題 旅行・ゲストハウス

昨日は元々、富士見町(長野と山梨の県境)の友達と甲府へ飲みに行く予定だったのですが、甲府で落ち合う予定だった方が体調不良ということで、じゃあまた下諏訪に行っちゃおうかな!ということで、急遽逆方向の下諏訪へ行ってきました。

そういえば、彼女からマスヤゲストハウスのことを一番最初に教えてもらったのだった!

Nuiに行った話をした時に、「下諏訪にも似た感じのところがあるんだよ~、行ったことないけど」と言われて、マスヤのことを知って(今年の2月くらい?)、そのあとA1さんのブログを読むようになって、ああ、ここのことか~!と思うようになって、更に後になって、デザインが両方東野さんという方なんだ!ということを知った。(という流れだったと思う。)

昨日夜は、友達が中華が食べたい!ということだったので、満味楼はこのあいだ行ったから、宝華に行ってみることにしました。

宝華、ふつうの家!!住居の一階が食堂、という感じのところです。

ここでまさかの、車にスマホを忘れたことに気づく。(いや、よくやる!)

というわけで写真はありませんが、美味しかったですよー!!

棒々鶏・水ギョーザ・ニラ玉・宝そば(油そば)を食べました!(+生中と烏龍茶1杯ずつで一人1,600円。)

満味楼は中国の方が作る中華料理そのものなんですが、宝華は日本人による日本人のための中華という感じです。ちょっと優しくて懐かしい味。

ランチも美味しそうでした!

地元の人が結構飲みにくるのかな。

私的にはゆっくりする感じではないですが、1軒目、とりあえずご飯!にピッタリです。

そしてまたマスヤバーへ!!

私は運転なのでハーブティー。(スマホとってきた。)

f:id:sakelog:20161007130706j:plain

友達はカクテルめっちゃ飲んでました。

カウンターは入れ代わり立ち代わりいっぱいでした!平日夜も人気!

リビセンのお手伝いで泊まりに来た時にバーで会った方とも再会!
もう来たら誰か知っている人がいるくらいにはなった。笑

そして、最初は友達と二人でテーブルで話していたのですが、途中からスタッフさん(この日はオフの方)も交えてお話し。そして同じテーブルを使っていた、香港から来た二人(この二人はカップルかと思ったら初対面とのこと!男性の方は香港出身の留学生)も交えて5人でわいわい。

男性の方は、マスヤに泊まるのは4回目で、リビセンのお手伝いにも何度も行っていて、オープニングパーティーに行ったら帰ると言ってました。

東京にお住まいとのことなので、「東京にも、東野さんが作ったカフェがあるんですよ!」といって、地球を旅するCAFEの写真を見せたら、いいですね~どこにあるんですか?と言われたので「高田馬場ですよ」と言ったら

「えっ!僕高田馬場に住んでます!」

え?高田馬場在住?マスヤ・リビセン・・・・と言えば

A1理論さんじゃないですかっ!!!笑

「えっ、私がここに来るきっかけになった人が高田馬場在住でリビセンお助け隊にも行っていて、その方のブログの読者とかがマスヤにたくさん来ててー」


「おお~!!」

女性の方「一昨日ここで誕生日祝われてた人ですか?」

私「そうそうー!笑」

みたいな感じでした。

A1さんここにいたらなーと思ったけれど、二人ともリビセンのパーティーに行くと言ってたので、きっと会えるんじゃないだろうか!(ざっくり。)


昨日、思ったこと。

マスヤってあれだ!大きな家だ!定義としての大きな家。


私実は「一期一会」という言葉があまりピンとこないんです。昔から。

今この瞬間は二度と巡ってこないから、その時間を大切にしよう、二度と会えないかもしれない相手に最善の心尽くしをしよう、という意味だと解釈しているのですが

そして、それはいいことだとは思うんですが、

たぶん、人生で会うべき人には何度でも会える。頑張って約束しなくても、どうにかこうにかして予定を合わせなくても、いつかそのうち会える。明日かも知れないし半年後かもしれないし、5年後かもしれないけど、絶対会える。

人生にとって大事な瞬間みたいなものは、自分が自分を持って生き続けている限り、更新され続けていくと思う。永久に訪れ続けるんだと思う。

どんなに頑張って予定を合わせようとしても合わない人っている。会う日時まで確定してもどっちかが都合悪くなったりする。何度も。

全く約束なんかしてないのに、東京の、お互い普段は訪れないような場所の駅のホームでばったり会ったりする。(しかも1回じゃない。)

それは縁としか言えないなあと思う。(というようなことを角田光代さんが言っていて、ああ、こういう現象は「縁」と言えばいいのだと思った。縁という言葉が好きだ。)

何かを「大事にしようと思って大事にする」ことより、それを意識しなくても結果として、自然に、大事なことは当たり前に大事にできてる生き方をしてたいなあと思う。

縁あってマスヤで会えた人は、でもまたみんなどこかへ出かけて行って(日常や、旅の続きや)、たぶんまたここに帰ってきて、たぶんまた会えるでしょう。

マスヤじゃなくて、家の外で再会できるかもしれないし。

いつか分からないけど、そのうち!会うべき時に。


帰りにリビセンの前を車で通ってみたけど、暗かったのでよく分からなかった。
上諏訪の満味楼が分かった!笑 ここも美味しいはずだ。

次行く時は昼だな!
一週間に3回も諏訪に行ったのに、完成したリビセンに行けてない。

再就職