読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

全部が遠くで響いてる

1ヶ月前どういう気分でいたっけなあ、ということも思い出せないくらい、今ぼんやりと生きている。戦いも、感動も、喜びも、悲しみも、辛さも、怖さも、あるのだけれど、しかも強くあったりするのだけれど、その強い気持ちすべても、「今私が感じるぼんやり」の範疇のなかで強く鳴り響いている、言葉を尽くしてみると、そんな感じである。こういう気持ちになったことはあるんだっけなあ。たぶんあるんだけれど、思い出せないなあ。単純に「スランプ」という言葉が浮かんでくるんだけれど、それともちょっと違うような。「今は何をやってもダメだ・・・」という感じでもないんだけれど、もちろん「なんでもできる」というわけではない。疲れているわけでもない。何日かの間早く寝てみたんだけれど、21時台に寝ると絶対3時台に目が覚めるのでやめた。お酒を結構飲んでみたりしたんだけど、美味しいのだけれど、それもなんか違う。お菓子がやめられなくてつらい、という話を昨日書いたけれど、太ったなあと思っていたら実際太ってなかった。ちょっと痩せてた。なぜだ。(わからないけどラッキィ!)でもお菓子はやめよう。やめたい。いろんなところに出かけたりもして(近場だけれど)春を満喫している気がする。厳しい冬はいつのまにか、ほんとうにいつの間にか終わっていた。びっくりする。きっとすぐ暑くなるのだ。「ちょうどいい気候」っていうのが本当に短くて、さみしいなあと思う。もうちょっと今自分に起こっていることを考えてみよう。今、おいしい・たのしい・美しい・悲しい・こわいも、全部、良い感情も逆も、全部心から感じている、と言えない気がする。夢の中みたいな感じというのが近い気がする。震災があってからかなあ。いや、自分の中で積み重ねてきた何かの影響なのかなあ。

たまにこういうぼんやりしたことを書くと、心配して下さる方がいるのですが、全然なんということはなく、元気に楽しくやっています。美味しくお酒を飲んでいたりすらしています。ただ自分でも説明できないぼんやり感はなんなんだろうと思っているだけです。

再就職