読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

『怒り』をしまってみる。

最近、「ものすごく頭にきた!!」とかそういう感情が沸き起こることって減ったなあと思っていて。前はしょっちゅうあった気がする。

そういえば私、10年くらい前に、「この人のことを一生許さない!」って思ったことがあるんです。さっぱり忘れていたけど。怒りってだんだん薄れていくものだから。で、そういうときに、素直に忘れていけばいんだけど、自分の中で「許しちゃいけないんだ」っていう想いが働くときがあって。うん、言い換えると「恨み続けることを忘れてはいけない」ということです。誰がいけなというのか・・・「過去のかわいそうな私」が、です。

もう怒りってほんとうに無駄な感情だなあと思うのです。プラスのものは何も生産しないと思うので。そんな感情は、外部からの刺激で生じるわけだけれど、ムカつくことをされてなお、それかいかにムカつくかについて自分の中でめらめら怒りを燃やしていたら、受けた負荷を自分で増幅させて嫌な気持ちが倍増して、いいことは何もないですよね。だから、やめたい。できることなら。ムカつくことがあったら、いかに自分の中で増幅させずに収めるかを考えたい。自分が損だから。

わたしは、「こんな嫌なことをわざわざ言ってくるこの人はどんな人なんだろう?」っていうことをよく考えます。生き方・性格・環境など。そして「きっとこうなんだろうな~だからしかたないっ」っていうふうにもっていきたい。なんでムカつくかって、意味がわからないからムカつくんだよね。「なんでそんなこと言うんだ!理解できない!」って。

でもたとえば、「こんな嫌なことを言ってくるこの人も、自分と似たところがあってそこが嫌で許せないのかなあ?」とか考えたりすると、だいぶ怒りの燃焼をおさえられます。

そして「許さない」と思うこと、これこそ、わざわざ自分から「損をするぞ」と言っているようなものです。いくら自分が「許さない」と思ったとしても、相手は多分変わりません。「許さない」ことが仕返しのような気分になるときもあるのだけれど、誰かを許さないと思い続ける決意があるとしたら、それは「幸せには生きない」という決意と等しいなあとも思います。

私はそういう気持ちで居続けることがもったいないなあと思うから、嫌だな・ムカつくなってことがあっても、なんでそうなのか?→しかたない・・・という構図にもっていき、できることなら誰かにムカつくことを減らしていきたいなあとおもうのです。

再就職