読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

惹かれるものは大体似ている。

今年の仕事を振り返って、今たくさん反省があります。一番の反省は「去年より人員が少ない・仕事が多い中でなんとか一年回したことを仕事をしたと思っていた」ことです。いやまあ、仕事はしているんですけれど、自分が思う「仕事をした」っていうのは「成長があった」ということだなあと思っていて、一日を・一年を回す、というのは当たり前のことなんで、自分の思う「仕事をした」感からはちょっと外れるかなあと思うのです。

一人暮らしをしていたとき、一人でちゃんとした生活をすること(規則正しい生活、食事を作り、お弁当を持参し、そうじはこまめに、洗濯物もためないなど)ができると「頑張ってる!」と思い、できないと「ダメだ・・・」と思っていたけど、そもそもそれは生活のただのベースであって、その上で何を勉強しているとか仕事で何を得ているとか、何を考えて生きているとかが重要なんだよな・・・と気づいて。それと同じことです。

周りも大変だということを分かっているから、いろんなミスも大目に見てもらったなあと思うし、それに甘えていたなあとも思うし、まあ、肉体的には頑張ってないこともなかったけれど、売上向上に向けてより新しいことを考えるとか、少ない時間をより効率的に使うとか、勉強という点でいったらもう全然0点に近いな、とか、できることはまだまだほんとうにたくさんあった。プライベートは結構充実した一年だったと思うけれど、もう少し仕事を頑張ってもよかったなあと思う。今の状態でも全然許してもらえるんだが。あれだね、勤続年数が上がるに連れて、どんどん注意される回数は減ってくるから、自分で向上心を持ち続けるために、いろんなことを見直すべき。

仕事はつまらないけどプライベートは楽しい、とは言いたくないのです。だって仕事している時間が一番長いからそれじゃあ大半がつまらないことになってしまう。そんなのは勿体無い。だから、楽しい仕事を選べばいいし、作ればいいっていうのもあるけれど、今ある仕事を何とか楽しくしようっていう考え方も一度は持ってもいいと思う。特につまらないと思っている時ほど。つまらないと思っているときはまず「楽しくしよう」なんて考えたことがなかったので、でも、もし試しに考えてみたら何か要素があるかもしれないもんね。余地が有る。実際楽しくなるかどうかじゃなく、今まで持ってない視点を導入することが、ただそれだけで自分のためになる。結果はどうあれ。

まあ楽しくてもつまらなくても誰にも平等に一年は過ぎていくんだけど、今の私はなんだか過ぎていくことにホッとしている。どんどん新しい日々を過ごしたいな。

ただ、楽しく生きたい。

再就職