読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

Kindle Paperwhite買いました。

買ってよかった

わりと最近まで、電子書籍なんて・・・と思っていました。普通の本最高。電子書籍なんて絶対読みにくい。味気ない。書き込めない。目が疲れる・・・とか。

だがしかし!欲しいなって思う本はたくさんあって、電子書籍ってちょっと安い。その上、kindleはしょっちゅうセールをやっていて、1週間前に定価で買った本が半額になってたりするのを見て、これは使ってもいいかもな・・・と思い始めました。

電子書籍を読む方法はいろいろあって、無料のアプリ「Kindle for PC」をダウンロードすれば、いつも使っているWindows PCで読めます。 Amazon.co.jp: Kindle for PC

ちなみにiOSデバイスでも7.0以降ならiOSkindleアプリで書籍を読めます。が、購入ができないので、Amazonで書籍を購入→クラウドor端末に保存という形になるようです。もしくはiOS8搭載のiOSデバイスでiBooksを。 こちらはkindleに比べて購入できる本が大分少ないようですが。


で、今いろんな人が一番おすすめしているのが、こちら。

 6月30日に発売されたばかりの「kindle Paperwhite」です。

kindleには3つのリーダーがあり、安い順に
kindle(8,980円)→kindle Paperwhite(14,280円)→kindle Voyage(23,980円)
ですが、アマゾンプライム会員(年会費3,900円)になると、Paperwhiteは4,000円引きになります(8月現在)。

さて私は、6月末にプライム会員になり(1ヶ月お試し期間。この期間内だとPaperwhiteを購入したら4,000円分のアマゾンギフト券プレゼントになります。)1ヶ月経ったところで、4,000円引きで購入。この際レビューを読んで、2,000円高いキャンペーン情報なしモデルにしました。(無料3Gを付けると更に+5,200円になるのですが、自宅にWi-Fiがあるのでいいかなっと、あと1,890円の延長保証を付けたので、結局14,170円で購入。)

この他にもちろん、プライム会員費3,900円を払ったわけですが、プライム会員の特典は、
お急ぎ便と、お届け日時指定便が使い放題→これは私にとって最もいらないサービスで1度も使ったことないし、これからも多分使わないだろうなー・・・ということであまり魅力は無いのですが

・対象のkindle本を毎月1冊無料で読める→これで3,900円の元を十分とれますね。・・・って思ったんだけど、レビューを読んでいて知りました。これ、翌月に違う本を読む場合は返却しなきゃいけないんです。確かに「無料で読める」としか書いてない!!けどまあいっか。まあ、1回しか読まない本も多いですしね。まあ、レンタルですね。

そもそも本体自体が十分安いと思うんです。失敗してもいいじゃないか。とりあえず買ってみよう!!ということで購入。

そして画面の美しさにはけっこう驚きました。

f:id:sakelog:20150808162716j:plain

写真だといまいち分からないですが、ディスプレイの後ろ側に紙が入ってる??どうやって外すんだコレ?と本気で思いました( ̄▽ ̄;)

使い方はちょっと難しい気もしますが、(シンプルすぎて、画面のどこ押せばいいんだ?みたいになる。)慣れればサクサク使いこなせそうです。

とりあえず、プライム会員特典として1冊ダウンロード。イケダハヤトさんおすすめの、「レールの外ってこんな景色」を読んでみました。うん、これを持ち歩けるっていいですね。革命的!とまではいきませんが、これからの読書生活は結構変わりそうです。今よりは本を買うようになると思います。

今私が持ついろんな端末。

f:id:sakelog:20150808163815j:plain

世の中がわざわざ1つにできるって言ってるのに、なんで分けるのかね。分けるのが好きなんだね~と思います。まあ、なんでもまとめりゃいいってもんでもない気がする。それぞれの特性を生かすのが好きですね。

再就職