読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロサードプレイス

心が安らぐ場所をつくりたい

サントリー白州蒸溜所⑤

f:id:sakelog:20150516204624j:plain

さて後半の、ウイスキーとショコラを合わせて楽しむ実践講座。
何が出るのかというと、ウイスキーは
白州ノンエイジ、山崎ノンエイジ、響12年、メーカーズマーク・・・こちらと
パレドオールのボンボンショコラ4つを、それぞれと合わせて楽しみます。
他にも、ハイボールを作るための白州ノンエイジ・氷・天然水スパークリング
チェイサー、そしてナッツなどが入ったおつまみ、
あと加水用に天然水のペットボトルも一人一本・・・と
テーブルの上は盛りだくさんのセットになっております。。。

f:id:sakelog:20150516210731j:plain

左上のショコラが「ハニージンジャー」
これを山崎ノンエイジと合わせます。
うーむ、やはりちょっと加水したほうがいいかな。。。
若いウイスキーなので、結構刺激が強いのです。。。
香りはとってもいい甘い香りなのですが。
加水したら非常に飲みやすく、そこにこのショコラを食べると
おおお、なんだか別物のハーモニーが生まれました。
さっき感じていたキツさも柔らかくなります。

次は右上の「タルトタタン」・・・これが手の込んだショコラだなと。
二層になっていて、上はなんとキャラメル風味のふじりんごを加熱したやつ。
下がクッキーになっているのです。
さわやかな白州にりんごを・・・ということですね。なるなる。
うーん、これもやっぱり加水したほうがいいな。。。
香りはアロンアルファみたいな結構刺激の強い香りです。
味わいは柑橘系+スモーキー。
加水したら飲みやすく、りんごともよく合いました。。

次は、左下の梅酒のショコラと響12年。
これだけはストレートでも美味しいと思いました。
響はたくさんの種類の原酒を使っていて、複雑な味わいかと思いきや
非常に優しい味がるすのです。
そして12年には、梅酒樽熟成原酒が入っているので
梅酒のショコラを合わせるということなんですが
梅酒の味を探せるかっていうと、ちょっと難しいかも。
でもこういう濃厚なショコラとよく合うと思います。

そして、最後にメーカーズマーク。
私の中ではこれこそハイボール、という感じですが・・・
香りは4つの中で一番香ばしい麦の香り。
しかし、ストレートだと、とうもろこしのクセのある味わいが
だいぶきついかも。。。。
速攻水を足し、最後のオレンジのショコラを食べるとあら不思議!
全く別物の新しい味わいが口の中に登場したのです!
この変化はすごいなー。

このあとは、ショコラとは関係ありませんが
美味しいハイボールの作り方を実践!

グラス一杯に氷を入れ、ウイスキーを注ぎしっかり混ぜます。
氷が減るので足し、ソーダを加えて、タテに1回だけ混ぜます。
うーん、ちゃんと作ると美味しい!
氷をケチらない、そして混ぜすぎないのが大事!!

劇的に合う組み合わせを見つけた!というわけではないのですが(^^;)
思ったのは、高いものを飲む時は、
高いものを飲む準備をちゃんとしよう、ということです。
せっかくいいウイスキーを飲むんだから
水道水の氷とかもったいないー。
そして、合わせるものも、ちょっといいものを
そして最適なグラスで
これを自分の家でも再現したいなあと思います。

 

再就職