読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

東京、東か、西か。

生き方・日常・社会問題

お酒からは離れますが、
私は進学のため19歳から3年埼玉に
その後4年、東京都墨田区
その後2年、中野区に住みました。

私は小さい頃から東京が大好きで
1日も早く東京に住みたいとずっと思っていました。
江東区に親戚が住んでいて、その付近によく行っていたので
東京=下町なイメージがありました。

東京に引っ越したときも、一人暮らしが心配なので
親戚の側に住め!ということで
都営新宿線の菊川という駅の側に住んでいましたが
後から、ああ、ここってマイナーな地なんだなあと思いました。
東京って全てが同じだと思っていたんだけれど
町ごとにカラーが違ったりすることに
だんだんと気づいていきました。

大学卒業後は、浅草橋にある会社に就職したのですが
当時は月10回……だから3日に一度はライブハウスに行っていて
それが主に下北・渋谷・新宿・高円寺・吉祥寺などだったので
だんだん、下北とかに住みたいなあ…と思うようになってきました。

墨田区台東区周辺も好きだったんですよ。
自分の東京のルーツ、というか。
浅草が特に好きで、墨田川のほとりで行き交う船を眺めながら
ボーッとしてるのが好きでした。(今でもよく行きます。)
(当時スカイツリーはまだ建設も決まっていなかったですが。
そう考えると建設決定から完成って物凄いスピードだったな。。。)

でも当時私は、特に一番よく行っていた下北に
ひじょうにあこがれがあったのですね。

いろいろ探したのですが、最終的には世田谷よりの中野区に
引っ越すことになりました。


全然電気ブランの話まで行きませんでした。続きはまた明日。
お酒のことを何も話していない上、さらに関係の無いけれど、今日
ここ最近で最も衝撃を受けた話を!(昨日の鍛高譚のルーツよりも)

会社の人に教えてもらったのですが
ダムには、行くと貰える「ダムカード」というものがあって
しかもこれは、事務所を訪ねて「ダムカード下さい」と言わないと
貰えないらしいのです!(全てのダムにカードがあるわけではないのですが。)
ダムカードには、表にダムの写真
裏に、所在地や用途、そのダムのこだわりが記されているらしのです。
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html
このカードが存在するダムを調べることもできます。
俄然行きたくなりました。
…元々行ってみたいな~とは思っていたんですけどね。
その気持ちを思い出しました。

再就職