読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が好き

好きなことだけしかしない日々を目指して。

長野・諏訪の宮坂醸造

f:id:sakelog:20150409165640j:plain

2013年の年明け、職場の人に連れられて、
長野県は諏訪市の宮坂醸造というところへ行きました。
全国的に有名な日本酒『真澄』の蔵元です。
http://www.masumi.co.jp/

 

日本酒といえば…
お正月とか、何かの行事の時に形式的に飲む
なんというんでしょう…
アルコール的アルコール!
もうそんなかんじです。
なんか熱い、甘いような辛いような
とにかく決して美味しいものじゃない
という思いは、この時ここに連れてこられなかったら
永久に変わらなかったかもしれません。

 

とにかく、飲めるんだろうかというのが心配だったのですが
実際、真澄の前まで来たら

 

お、なんだかとてもすてきな建物!
中に入るとモダンな雰囲気。
お酒以外にも雑貨屋おつまみなんかが売っていて、
一角が試飲コーナーになっています。

 

レジで300円払い、グラスを受け取ります。(グラスは貰えます)
そして試飲のコーナーへ。
綺麗なお姉さんに丁寧に説明をしてもらいながら、6種類の日本酒しました。

おそるおそる、最初の一杯を飲んでみると

 

あれ?!

 

お、お、おいしい!!!!???(・□・;)

 

甘ったるくない、不快な刺激もない、どころか
さわやかな果実の香り
心地よい冷たさ、やわらかい甘さ
このすっきりさ加減!!!ヾ(*´∀`*)ノ

 

ああ、日本酒っておいしいんだなあ…。知らなかった…。
(ここでは、純米酒・純米吟醸・吟醸・大吟醸を
飲み比べる試飲ができるのですが、そういう細かいことはまたの機会に)
と、全種類を試して更に深みにハマりました。
(が、やはり弱いので全種類適量をついでもらうと私には飲みすぎです)


うーん、
日本酒飲めない美味しくない
っていうのは酷い思い込みだったなあ…と思いました。


…あれ、これってもしや、
他のお酒にも共通して言えることなんじゃないのかな。
という気づきは、ここから始まりました。

 

このようにしてビールも…
と続きそうですが、もうすこしだけ日本酒の話をまた次回。

再就職